訪問看護等在宅ケアサービスの広がりと質の向上をめざし、みなさまが望む在宅ケアシステムの確立に貢献しています。

認定看護師教育課程

2016 年度
~ 認定看護師教育課程(訪問看護)についてのお知らせ~
  

 本財団の認定看護師教育課程(訪問看護)は2015年度に休講とし、「日本訪問看護財団認定課程の在り方検討会」を開催して、今後の在り方を検討しました。
 その結果、2016年度も休講とさせていただき、現場から参加しやすい教育システムや研修者への支援等について関係機関とも協議・検討したいと考えています。ぜひ再開したいと願っておりますが、皆様のご意見などお聞かせいただけば幸いです。


地域で暮らす人々が疾病や障がいがあってもQOLを満たした生活が主体的に継続できることをめざし、地域で支える看護実践の専門家・指導者を育成して、訪問看護等在宅ケアの質向上及び推進を図る。
 


受験申請にあたっては、次の1)~3)に定める要件をすべて満たしていなければなりません。
 

1)日本国の看護師免許を有する者。

2)看護師免許取得後、実務経験通算5年以上,うち3年以上(但し、非常勤の場合

は、5400時間以上)の在宅ケア領域での看護実務経験を有する者。

3)医療処置及び管理を要する療養者の訪問看護を5例以上担当した経験を有する者。

4)現在、在宅ケアに携っていることが望ましい。

5)以下のいずれかの研修を修了していることが望ましい。

  ①都道府県看護協会又は都道府県ナースセンターで実施している訪問看護師 

養成講習会

  ②日本看護協会で実施していた訪問看護師指導者養成講座(厚生労働省委託  

事業)

  ③訪問看護領域別修了認定研修(ステップ2:9領域中3領域以上修了の者)

  ④上記1,2,3と同等以上の研修を修了した者



 

  1. 教育の目的
    1. 医療ニーズの高い在宅療養者・障害者のケースマネジメントならびに専門的看護が提供できる認定看護師を育成する。
    2. ケースマネジメント能力を活かして、訪問看護等在宅ケア領域でリーダーシップが発揮できる認定看護師を育成する。
  2. 科目および授業時間数
共通科目 120
専門基礎科目 120
専門科目 105
演習
105
実習
180
看護管理 15
リーダーシップ 15
文献検索・文献講読 15
情報管理 15
看護倫理 15
指導 15
相談 15
対人関係 15
訪問看護概論 15
安全管理 15
家族支援概論 15
在宅ケアシステム 15
在宅医療病態論 60
   
   
   
ケースマネジメント 15
在宅医療処置管理技術 30
フィジカルアセスメント 15
在宅におけるチーム 15
アプローチ  
セルフケアの援助 15
在宅終末期ケア 15
   
演習
105
 実習
180
総時間数 630

 

訪問看護認定看護師教育課程Q&A
 



認定に関するお問い合わせ先
公益財団法人 日本訪問看護財団
訪問看護認定看護師教育課程
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2日本看護協会ビル5階
TEL.03-5778-7008(認定看護師教育課程)/FAX.03-5778-7009
E-mail: nintei@jvnf.or.jp