公益財団法人日本訪問看護財団 会員さま専用ホームページ

訪問看護ステーションの運営

【訪問看護ステーションの届出】 訪問看護ステーションの運営,  2017年09月12日

Q訪問看護ステーションを開設します。 介護保険の訪問看護も医療保険の訪問看護も行いますが、指定の届出は別々に必要ですか?加算等の届出はどうですか?

A

介護保険法の指定を受けた場合は自動的に健康保険法の訪問看護事業者の指定を受けるしくみになっています。ただし、加算等の届出については、それぞれ別々に行います。例えば、介護保険において緊急時訪問看護加算の届出をしていても、医療保険の24時間対応体制加算の届出は、別途、地方厚生支局へ行う必要があります。

また、公費負担医療制度の指定医療機関の届出については、公費によって指定の届出が必要なものがありますので確認が必要です。

【他の業務との兼務】 訪問看護ステーションの運営,  2017年09月12日

Q訪問看護ステーションの看護職員が、同一法人の医療機関の外来業務を兼務できますか?可能な場合、注意する点はどのようなことでしょうか? 管理者の場合はどうですか?

A

兼務することは可能です。ただし、訪問看護ステーションは看護職員が常勤換算で2.5人以上必要になりますが、他の職務に従事している時間は含めることはできません。また、月ごとの勤務表を作成し、日々の勤務時間、職務の内容、常勤・非常勤の別、兼務等について明確にしておく必要があります。

管理者の場合も兼務は可能ですが、以下のように通知上定められています。

「同一敷地内にある又は道路を隔てて隣接する等、特に当該指定訪問看護ステーションの管理業務に支障がないと認められる範囲内に他の事業所、施設等がある場合に、当該他の事業所等の管理者又は従業者としての職務に従事する場合(この場合の他の事業所、施設等の事業の内容は問わないが、例えば、併設される入所施設における看護業務(管理業務を含む。)との兼務は管理者の業務に支障があると考えられるが、施設における勤務時間が極めて限られている職員の場合には、例外的に認められる場合もあり得る。)」

PAGETOP