訪問看護等在宅ケアサービスの充実と質の向上をめざし、みなさまが望む在宅ケアシステムの確立に貢献しています。

認定看護師教育課程(訪問看護)Q&Aコーナー

認定看護師教育課程(訪問看護)

Q&Aコーナー

 

Q1 受験資格に「現在、在宅ケアに携っていることが望ましい」とありますが、携っていないと受験(入学)することはできないのでしょうか?なお、その他の受験資格は全て満たしています。
A1 受験資格の「1~3」は満たしていなければなりませんが、現在、在宅ケアに携っていなくても受験(入学)することは可能です。

 

Q2 入学試験の日程と内容を知りたいのですが?
A2 入学試験は2014年2月15日(土)・16日(日)に筆記試験・小論文・面接試験を行う予定です。

試験会場は日本訪問看護財団を予定しております。
合格発表は2014年3月下旬の予定です。

 

Q3  入学試験の概要を教えてください。
A3 第一次試験は専門科目Ⅰ(客観式問題)、専門科目Ⅱ(状況設定問題)を120分。
第二次試験は小論文(論述)60分及び面接を予定しています。
出題形式

 

 

Q4 授業は何時から何時まで行なうのでしょうか?教室はどこでしょうか?
A4 基本的には9時00分から17時35分になります。なお、授業によっては開始が早まる場合や、延長することもあります。
また、原則的に土・日・祝日は休校ですが、授業になる場合もあります。
教室につきましては6ヵ月の教育機関の最初の1ヵ月は新宿区の東京女子医科大学で共通科目を学び、2ヵ月目から講義内容により渋谷区神宮前の日本訪問看護財団、または新宿区筑土八幡町の東京都看護協会を使用予定です。

 

Q5 現在、九州地方に在住しています。もし入学できた場合、通学することが困難なため、教育期間中の宿泊先を探さなくてはなりません。その際、日本訪問看護財団で宿泊先の紹介はしていただけるのでしょうか?
A5 在学生は通学に近い地域の民間賃貸住宅を利用している場合が多く、民間の物件についてはご紹介しておりません。

 

Q6   受験(入学)するにあたって、年齢制限は設けているのでしょうか?
A6 年齢制限は設けていません。

 

Q7
受験するにあたって、どのようなことを勉強すればよろしいのでしょうか?
A7

入試問題の出題範囲としては、日本看護協会出版会より販売されている「訪問看護研修テキスト ステップ1」に沿った内容での出題となります。したがって、入学試験に向けて勉強される方は、こちらのテキストを講読いただければと思います。
※書籍の購入等のお問い合わせは日本看護協会出版会コールセンター(0436-23-3271)へお願いします。

なお受験に備えて「訪問看護eラーニング」もインターネットで基本的な知識・技術の振り返りが出来ます。2012年度の申込締切は12月31日です。くわしくは日本訪問看護財団のホームページ(http://www.jvnf.or.jp)をご覧ください。

 


公益財団法人 日本訪問看護財団
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2日本看護協会ビル5階
TEL.03-5778-7008(認定看護師教育課程)/FAX.03-5778-7009
E-mail. nintei@jvnf.or.jp 

TEL 03-5778-7001 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-8-2
日本看護協会ビル5階

PAGETOP
Copyright © JVNF 公益社団法人 日本訪問看護財団 All Rights Reserved.