訪問看護等在宅ケアサービスの充実と質の向上をめざし、みなさまが望む在宅ケアシステムの確立に貢献しています。

訪問看護サミット2017

訪問看護サミット2017

『訪問看護サミット2017』は750名を超える方にご参加いただき
盛会裏に終了いたしました。誠にありがとうございます。
来年の『訪問看護サミット2018』は、11月11日(日)、
ベルサール新宿グランドホールにて開催する予定です。
詳細は決まり次第、財団ホームページや機関紙でお知らせいたします。

 ▼会場内の様子                ▼企業展示の様子

  


テーマ「チームアプローチと訪問看護の未来」

日  時:2017年11月12日(日)9:30~16:00
会  場:ベルサール新宿グランド ホール (東京都新宿区西新宿8-17-1住友不動産新宿グランドタワー1F)

■プログラム
Time プログラム 登壇者・講演者
 9:30~9:40  開会のご挨拶 清水 嘉与子
日本訪問看護財団 理事長
9:40~10:30  特別講演
「人が今をよりよく生きるために」
小澤 竹俊氏
めぐみ在宅クリニック院長
10:30~10:40 休憩
 10:40~12:00  シンポジウムⅠ
「専門職の役割とチームアプローチ」①在宅歯科医療における食支援とチームアプローチ

②服薬アセスメントとチームアプローチ

③生活行為向上マネジメントとチームアプローチ

【意見交換】

①細野 純 氏
細野歯科クリニック(在宅療養支援歯科診療所)院長②土居由有子氏
株式会社アインホールディングス 上席執行役員(薬剤師)

③中村 春基氏
一般社団法人日本作業療法士協会 会長

【座長】
田髙 悦子氏(横浜市立大学大学院医学研究科地域看護学分野 教授)

12:00~13:20  昼食・企業展示
13:20~14:00 基調講演
「地域包括ケアシステム推進政策の最新情報と訪問看護への期待」
鈴木 健彦氏
厚生労働省老健局老人保健課 課長
14:00~14:10 休憩
14:10~15:50 シンポジウムⅡ
「チームアプローチにおいて訪問看護をどう発展させるか」①機能強化型訪問看護ステーションの意義と地域活動

②訪問看護ステーションにおける特定行為研修修了者の活用

③地域包括ケアシステムの拠点を担う訪問看護ステーションの実際

【意見交換】

①平原 優美
財団立あすか山訪問看護ステーション 統括所長②中島由美子氏
医療法人恒貴会 訪問看護ステーション愛美園 所長

③藤田みかる氏
公益社団法人栃木県看護協会とちぎ訪問看護ステーションみぶ 所長

【座長】
佐藤美穂子
日本訪問看護財団 常務理事

15:50~16:00  閉会のご挨拶 佐藤美穂子
日本訪問看護財団 常務理事

 

TEL 03-5778-7001 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-8-2
日本看護協会ビル5階

PAGETOP
Copyright © JVNF 公益財団法人 日本訪問看護財団 All Rights Reserved.