訪問看護等在宅ケアサービスの充実と質の向上をめざし、みなさまが望む在宅ケアシステムの確立に貢献しています。

平成10年度研究・開発事業

平成10年度研究・開発事業

研究・報告事業一覧へ戻る

 

平成10年度
在宅ケアマネジメントサポートシステムの開発事業
社会福祉・医療事業団助成事業(高齢者・障害者福祉基金分)
ケアマネジメントにおけるケアプラン作成で必須となる「社会資源の選定」をサポートするため、あらゆるサービスを網羅する分類項目の検討と、その内容に基づいた社会資源選定ソフトの開発に着手しました。

目次
第1章 開発事業の概要
第2章 社会資源情報の分類・整理
第3章 社会資源情報の収集調査
第4章 「社会資源情報ソフト」試作版の開発
第5章 試作版ソフトのモニタリング
第6章 考察・評価
第7章 まとめ
第8章 今後の課題

研究・報告事業一覧へ戻る
このページトップへ
 

 

平成10年度
在宅療養者のケアマネジメント事例集作成事業 -ケアニーズのタイプ別ケアマネジメントの実例-
健康保険組合連合会特別保健福祉事業費助成金(共同助成事業分)事業
「日本版 成人・高齢者用アセスメント・ケアプランツール(財団方式)」を用いて展開したアセスメント・ケアプランの事例集を作成しまし。ケアマネジャーのケアマネジメント実践をサポートすることを念頭に、実際におこりやすい様々なケースを取り上げてまとめています。当事業の成果は「自立をはかるケアマネジメント事例集(中央法規出版)」という書籍で出版しています。

目次
第1章 ケアマネジメントの内容と手順
第2章 ケアプラン展開例
 

研究・報告事業一覧へ戻る
このページトップへ
 

 

平成10年度
「日本版 成人・高齢者用アセスメントとケアプラン」用紙改訂 「快速ケアプラン『おもて参道』」の開発
健康保険組合連合会特別保健福祉事業費助成金(共同助成事業分)事業
ケアプランツール「日本版 成人・高齢者用アセスメントとケアプラン(財団方式」を、実際にご活用いただいている皆様のご意見をもとに、さらに使いやすいスタイルに改訂しました。
ケアプランソフト「おもて参道」も大幅にバージョンアップ。アセスメントからケアプランまで、根拠の一貫した質の高いケアプランソフトを簡単に作成できるよう、様々なツールを搭載しました。
 

研究・報告事業一覧へ戻る
このページトップへ
 

 

平成10年度
在宅療養を推進するための訪問看護器機材料調達モデル事業
厚生省 老人保健事業推進費等補助金事業
平成9年度の「在宅療養に必要な衛生材料・機材等の取扱に関する研究」結果をベースに、訪問看護ステーション等における衛生材料調達・管理、及び医療廃棄物の処理に関するモデルシステムを実施調査しました。

目次
第1部 本編
第2部 資料編
 

研究・報告事業一覧へ戻る
このページトップへ
 

 

平成10年度 看護・介護の24時間協働モデル推進に関する研究事業
厚生省老人保健健康増進等事業
療養者のタイプ別24時間ケアプランの立案方法および経費等についてマニュアルを作成しました。

目次
第1部 調査の目的・方法
第2部 調査結果
第3部 考察・提言
 

研究・報告事業一覧へ戻る
このページトップへ

TEL 03-5778-7001 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-8-2
日本看護協会ビル5階

PAGETOP
Copyright © JVNF 公益社団法人 日本訪問看護財団 All Rights Reserved.