TOP-研修案内-認定看護師教育課程(訪問看護)




認定看護師教育課程(訪問看護)
平成23年度入学試験
今年度の入学試験は終了しました。

・入学に関するQ&Aコーナーを設けてありますので、こちらもご参照ください。

学科目  訪問看護領域
募集人員  若干名
教育期間  平成23年10月1日〜平成24年3月31日(6ヶ月)
教育場所
日本看護協会ビル5階(東京都渋谷区神宮前)
東京都看護協会会館(東京都新宿区筑土八幡町)
の予定



地域で暮らす人々が疾病や障がいがあってもQOLを満たした生活が主体的に継続できることをめざし、地域で支える看護実践の専門家・指導者を育成して、訪問看護等在宅ケアの質向上及び推進を図る。


○地域・在宅分野のスペシャリストが講義を行なう。
○訪問看護分野の専門看護師及び認定看護師が専任で教育指導にあたる。
○最新の在宅医療機器等を活用した演習を行なう。


受験申請にあたっては、次の1)から4)に定める要件をすべて満たしていなければなりません。
1) 日本国の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を有する者。
2) 上記の免許取得後、実務経験通算5年以上、うち3年以上(但し、非常勤の場合は5400時間以上)の在宅ケア領域での看護実務経験を有する者。
3) 医療処置及び管理を要する療養者の訪問看護を5例以上担当した経験を有する者。
4) 日本看護協会または日本訪問看護振興財団会員であること
5) 現在、在宅ケアに携っていることが望ましい。
6) 以下のいずれかの研修を修了した者が望ましい
都道府県看護協会又は都道府県ナースセンターで実施している訪問看護師養成講習会
日本看護協会で実施していた訪問看護師指導者養成講座(厚生労働省委託事業)
訪問看護領域別修了認定研修(ステップ2:9領域中3領域以上修了の者)
上記と同等以上の研修を修了した者

願書取寄せ 封筒に「入学願書希望」と明記し、返信用封筒(A4サイズ、240円切手を貼付し、住所・氏名を明記)を同封の上、下記までお送りください。
願書取寄せ期間:平成23年3月23日(水)〜5月6日(金)(当日消印有効)
願書提出方法 郵送のみ。封筒(表)に「入学願書在中」と明記し、封筒(裏)に住所・氏名を記入の上、簡易書留で下記までお送りください。
出願期間 平成23年4月1日(金)〜5月11日(水)(当日消印有効)
宛先 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5−8−2日本看護協会ビル5階
日本訪問看護振興財団 訪問看護認定看護師教育課程
入試係


50,000円


入学金: 50,000円
授業料: 600,000円
実習費: 100,000円
※実習中の交通費・宿泊費等は自己負担
※授業料の一部に日本財団からの助成がある予定です。
※ICN東京大会記念奨学金の奨学制度があります。詳しくは各自お問い合わせ下さい。


平成23年 5月21日(土):筆記試験・面接試験


平成23年6月下旬


1)教育の目的
(1) 医療ニーズの高い在宅療養者・障害者のケースマネジメントならびに専門的看護が提供できる認定看護師を育成する。
(2) ケースマネジメント能力を活かして、訪問看護等在宅ケア領域でリーダーシップが発揮できる認定看護師を育成する。

2)学科目および授業時間数
共通科目 120
専門基礎科目 120
専門科目 105
演習 105
実習 180
看護管理 15
リーダーシップ 15
文献検索・文献講読 15
情報管理 15
看護倫理 15
指導 15
相談 15
対人関係 15
訪問看護概論 15
安全管理 15
家族支援概論 15
在宅ケアシステム 15
在宅医療病態論 60
   
   
   
ケースマネジメント 15
在宅医療処置管理技術 30
フィジカルアセスメント 15
在宅におけるチーム 15
アプローチ
セルフケアの援助 15
在宅終末期ケア 15
   
演習 105
   
   
   
 
   
   
   
実習 180
   
   
   
 
   
   
   
総時間数 630


>訪問看護認定看護師教育課程Q&A
>入学試験過去問題開示について


 認定に関するお問い合わせ先
財団法人 日本訪問看護振興財団
訪問看護認定看護師教育課程
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2日本看護協会ビル5階
TEL.03-5778-7008(認定看護師教育課程)/FAX.03-5778-7009
E-mail.nintei@jvnf.or.jp




財団法人 日本訪問看護振興財団
TEL.03-5778-7001/FAX.03-5778-7009