本財団では、日本財団からの助成を受けて「訪問看護認定看護師アドバイザー派遣事業」を2009年から実施しています。これは、訪問看護認定看護師の3つの役割である「実践・指導・相談」を活用して、全国の訪問看護体制の充実を図ることを目的としています。

昨今では、開設間もない訪問看護ステーションが運営や経営、看護の質、関係者との連携など様々な課題を抱え、やむを得ず休止・廃止となるケースが多数あります。そこへ訪問看護認定看護師が現地へ赴き、直接話を伺い、改善のためアドバイスを行います。

本年度は、北海道、東北地方、をメインに事業を実施致します。くわしくはリーフレットをダウンロードしてご確認ください。皆様のお申し込みをお待ちしております。

■受付締切日:2018年5月25日(金)必着  ※延長しました!

リーフレット・申込書