今般、厚生労働大臣の諮問機関である中央社会保険医療協議会(以下、中医協)における診療報酬改定結果検証部会のもと、平成30年度の診療報酬改定による影響等を検証するために、特別調査が実施されることになりました。

本調査の結果は、中医協における診療報酬改定の結果検証に係る議論のための大変重要な資料となります。

調査の対象となった各会員の皆様におかれましては、ご多用の折、大変恐縮でございますが、本調査の趣旨をご理解の上、ご協力賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

■調査対象及び調査客体
【訪問看護調査】
・機能強化型訪問看護ステーションの全施設
・機能強化型以外の訪問看護ステーションから抽出した1,000施設
・当該施設において訪問看護を提供する患者最大4名

■スケジュール
10月22日以降順次 調査対象の事業所へ調査票が発送されます

■回答方法
紙の調査票又は電子調査票

■調査委託業者
みずほ情報総研株式会社


【在宅】開設者・管理者宛依頼状

【在宅】実施要綱

【在宅】調査票
※紙の調査票に記入の上、同封の返信用封筒(切手不要)にてポストに投函

【在宅】電子調査票「平成30年度診療報酬改定の結果検証に係る特別調査 」
※電子調査票をダウンロードし、回答後は指定のメールアドレスに添付し送信
※ログインIDは送付される紙の調査票の左上に記載の番号(6桁の数字)