日本訪問看護振興財団BLOG

« 新規に療養通所介護事業所の立ち上げを予定されている方々へ | メイン | 「介護保険フォーラム2006」を開催しました。 »

2006年05月29日

●療養通所介護に関する設備及び備品について(お知らせNo,2)

 療養通所介護を実施する上で、併設施設が共用できるか、どのような設備・備品が必要かなどについていくつかご質問がありました。

ご照会1
 療養通所介護室へ入るまでに、病院の玄関を通ることができるか?
○ご利用者は、状態が安定しているとはいえ、医療ニーズと介護ニーズをあわせもつ中重度者です。感染の危険も想定されますから注意が必要です。できれば、別の通路を確保するほうが望ましいと考えます。

ご照会2
 入浴を希望される方に併設病院の浴室を共同利用できるか?
○利用できます。病院等の併設で療養通所介護が実施される場合は、浴室、食堂、ラウンジなど、利用者の状態に照らし、各施設の患者等に対する治療その他のサービスに支障がない場合に限り共用が認められることになっています。浴室の共用は、利用者ごとに湯を入れ替えて感染に留意することとし、保健所に届け出て許可を得ます。
(根拠となる通知:「病院又は診療所と老人保健施設又は特別養護老人ホームを併設する場合等における医療法上の取扱について(昭和63年1月20日 健政発23・最終改正平8健政発165)」)

ご照会3
 療養通所介護室には、どのような設備や備品が必要か?
○常時看護師による観察が必要な利用者へのサービスに必要な備品などです。静養できるベッド・寝具、食事や団らんのためのテーブルと椅子(ソファー)、状態観察のための看護用品(聴診器、血圧計、体温計、パルスオキシメータなど)、記録机・椅子、吸引器、吸入器、救急カート、ワゴン、記録・機材の保管庫、車椅子、手袋やオムツなどの消耗品、タオル、冷蔵庫、電子レンジ、食器棚、シンク(水周り)、給湯器、オムツ処理機、掃除機、オーディオ類、アクティビティーのための物品、家具、その他入浴用ストレッチャー、点滴台などです。

ご照会4
 非常災害に際しての設備・備品にはどんなものが必要か?
○火災報知機、火災通報専用電話機、やガス漏れ探知機(冷房用にガスを引いている場合)の設置、消火器や搬送器具が必要です。


療養通所介護室の参考例
060529.JPG





トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.jvnf.or.jp/cgi-bin/blog/mt-tb.cgi/11

コメント

当医療法人は、通所介護を20単位で行っていますが、同じ施設で例えば、月曜日から木曜日は通所介護、金曜日と土曜日は療養通所介護というパターンが人員基準が整っていたらできますか。

ハーブ内科皮フ科様
「通所介護」と「療養通所介護」を曜日で分けて行うことについては、制度上出来なくはないでしょう。ただし、療養通所介護事業者の指定を受けるためには、指定療養通所介護サービスに関する基準を満たすことです。都道府県の介護保険所管課との事前協議や現地調査を受けるなどが必要と考えます。

5月から指定を受け療養通所をスタートしています。現在9人の利用者さんが一日平均3人位いらっしゃる状態です。(もちろん重度神経難病と末期の悪性腫瘍の方です。)お蔭様でお問い合わせもたくさんいただきますが、そのほとんどが脳梗塞後遺症のPEGやB-チューブが入っていらっしゃる要介護5の方です。今回の難病「等」の解釈ではずれてしまった方たちです。
断られることが辛くて始めたデイでありながら、定員も空いているのに断らなくてはいけない・・・・実費であればといえば、介護保険があまっているのに何故使えないの?と問われます。モデル事業をされた時に効果があったのではないのでしょうか?利用者がほんとに求めるサービスが使えないとうことは残念でなりません。

来年、通所療養介護の開設を目指して準備をすすめております。
開設されている皆様に伺いたいのですが、営業日をどのように設定されていますか?
家族のレスパイトを考えると、土曜、日曜を営業するべきか?を迷っています。 そうしたニーズは多いでしょうか?
よろしければ、ご意見、アドバイスをお願いいたします。
              

土・日の営業日について
 既存の療養通所介護事業所の実態から営業日の設定についてご紹介します。
 平日を営業日とする場合が殆どです。利用者が土・日は家族とご一緒に過ごすことを優先されているからです。一方、土曜日を営業日にされているところもあります。その理由は療養通所介護を実施する上でスタッフが確保できること、土曜日に利用したいというニーズに応えるためです。
 営業日は各事業所の条件に合わせて、平日で週2~5回が多く見受けられます。

はじめまして。茨城県つくば市 筑波メディカルセンター病院 訪問看護ふれあい で療養通所介護開設を検討しています。是非、青葉のひよこ様を見学させていただき、いろいろ教えていただきたいのです。いかがでしょうか?
よろしくお願いいたします。

老朽化のために、医師会館が2007年から2008年にかけて改築再建されることになり、療養通所介護の企画を提出いたしました。理事会で、まだ決定されておりませんが、開設の方向で進めております。設計から参加いたしますので、アドバイスをお願いしたいと思います。①現在1床8㎡以上5床となっていますが、介護保険以外の自費利用もできるのでしょうか。また、そのベットは5床の中に含まれるのでしょうか。②将来的に5床の枠は、増えるのでしょうか。③コンサルテーションは開設が決定される前ても受けることができるのでしょうか。

調布市医師会訪問看護ステーション伊藤文子様

①について、基準では利用者1人あたりの床面積は8㎡以上で定員は5人(5床とは言いません)までです。また、利用定員5人は介護保険以外の自費利用者も含めて決められています。
②について、現在は安全性と個別ケアを重視して、1施設あたり5人とされています。実態調査を行って適切な運営のあり方を検討して行きます。
③について、応募できます。コンサルテーションは開設に向けての支援事業です。応募者が多い場合は抽選となります。
 尚、「療養通所介護開設運営マニュアル」(日本看護協会出版会)が参考になります。

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログの担当者の承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-8-2 日本看護協会ビル5階
TEL:03-5778-7001 FAX:03-5778-7009
webmaster@jvnf.or.jp